CASCINA BELMONTE

カッシーナ ベルモンテ

イタリア最大の湖「ガルダ湖 (Lago di Garda) 」のほとりにある山間の、森に囲まれた小さなワイナリー。

葡萄畑に足を踏み入れると、蝶が舞い、バッタが飛び跳ねる自然豊かな環境を感じることができる。

もちろん、全ての葡萄畑がオーガニック栽培。化学的なものをできるだけ排除し、農薬や合成肥料を使用しないだけでなく、利用する道具の素材にもこだわり、できる限りプラスチックを排除するなど、自然派のワイナリーとして注目されている。

オーナーのエンリコ氏は、パドヴァで農業技術を学び、コペンハーゲンで有機農業、ブレッシアで環境管理について学んだという、まさに自然派ワインの寵児といえる存在だが、ただ自然任せにワインを造っている他の造り手とは一線を画し、自然派の栽培を行っていながらも、モダンな醸造方法を取り入れている。

例えば、自然酵母だけでなく、適度に培養酵母を利用している。そうすることで、成り行きに任せるのではなく、ワインをしっかりとコントロールし、クオリティを保てるのだという。

更に特徴的なのは、葡萄の収穫後にすべての葡萄を水洗いしていることだ。水洗いをすることで葡萄についている埃や雑菌などを洗い流す。水で洗った綺麗な葡萄から造られたワインは、雑味がなく、よりクリアなワインになるという。

自然とモダンを融合させた新しいスタイルで造るエンリコ氏のワインは、優しくもされた味わいで、年々人気が高まっている。生産量が少ないため、すぐに売り切れとなってしまう商品も多い。 CASCINA BELMONTE(カッシーナ ベルモンテ)の人気は益々高まるばかりだ。

Costellazioni
コステラッツィオーニ

美しいピンクの色彩、爽やかな酸、そしてほのかな甘みの味わいが特徴で、あらゆる食事に合わせやすい万能型ロゼワイン。ガルダ湖の西畔で100年前から黒葡萄のみで造られている伝統的なロゼワイン。

Serése
セレーゼ

輝く麦わら色の色彩、豊かなシトラスの香り、ミネラル感溢れるフレッシュな味わい。口に含めば、清々しい春の日の午後に、いくつもの花に囲まれた、優しい太陽の光が差し込む情景が浮かび上がる。

Cobéi
コベイ

優しく柔らかなシトラスのアロマに、ほのかに感じるスパイスやバターの香り。余韻の長い豊かな味わいは、まるで異国を旅しているかのような、今までに感じたことのない感覚を思い起こさせてくれる。

Firmamento
フィルマメント

誘惑的とも言えるようなトロピカルなフルーツのアロマ。卓越したフレッシュ感とエレガントな酸、程よく溶け込んだ甘みとミネラル感が、程よいバランスの上で構成されている上質の白ワイン。

Naturae Riesling e Manzoni
ナトゥラーエ・リースリング・マンツォーニ

抱えきれないほどの花束を渡されたかのような溢れるフローラルそしてフルーティーな香り。フレッシュな果実味は、まるでいろいろなフルーツから作られているかのような印象を受ける。

Naturae Rebo
ナトゥラーエ・レボ

SO2(酸化防止剤)無添加の自然を感じる優しいワイン。珍しい品種のRebo100%。抜栓直後は若干のビオ臭があるが、抜栓翌日(8時間後以降)に、華やかなアロマと抜群の味わいに変化する個性的なワイン。飲む一日前に抜栓することをおススメ。

Naturae Marzemino
ナトゥラーエ・マルツェミーノ

SO2(酸化防止剤)無添加で、新鮮さと活力を感じるような深いルビーの色合い。黒系果実のフルーティーなアロマ。しっかりとした果実味と若々しく程よいタンニンを感じる、ナチュラルなワイン。

Stramonia
ストゥラモニア

定番の国際葡萄品種をガルダ湖西畔のテロワールとオーガニック農法で栽培し、独自の味わいに仕上げている。果実味と熟成感が程よいバランス構成されていて、飲みやすいワイン。万能型の人気赤ワイン。

Fuochi
フオッキ

選び抜かれた葡萄のみを利用し、一部の葡萄はアマローネのように、アパッシメントして醸造している。力強さと繊細さを併せ持つエレガントなワイン。官能的ともいえる豊かな味わい。