SCARPA

スカルパ

18世紀に設立された歴史あるワイナリー。ピエモンテのトップワイナリーとして知られている。ニッツァ・モンフェッラートを中心に、アスティ、バローロ、バルバレスコなどにもヴィンヤードを所有。

ほとんどが海抜400~500mに位置する丘陵地で、気候・土壌・地形の全てが葡萄の栽培に最適な、まさに最高のテロワールにあり、極めて質の高い葡萄から優れたワインを造りだしている。

それぞれの土地にあった葡萄品種を用い、伝統的な大樽での熟成によって造られたワインは、香り、味わい、見た目の全てがハイクオリティ。ワインに詳しくない人でも違いを感じるほどのエレガントさを持つ。

大樽には、フレンチオークとスラヴォニアオークで造られたものを利用している。この大樽は火を使わずに造られた特別なものであり、この大樽で熟成することで、力強くもまろやかなワインに仕上がっている。

歴史と伝統を重んじながらも、以前から持続可能な栽培方法を取り入れており、最近では一部の葡萄畑を完全オーガニック栽培に移行するなど、新たなチャレンジも行っている。

近年、積極的な投資を行っており、ワインセラーの設備改善や新しい畑の取得など、更なるワインのクオリティ向上と生産数の拡大を図っている注目のワイナリー。世界中でその人気が高まっている。

La Bogliona
ラ・ボリオーナ

ピエモンテのトップワイナリー「SCARPA」のフラッグシップワイン。フレンチオークの大樽で30ヵ月以上熟成。全てにおいて質の高さとバランスの良さを感じられるハイクオリティワイン。オーガニック移行中。

Casa Scarpa
カーザ・スカルパ

深いルビーの色彩で、複雑な黒系果実のアロマ、ミディアムボディのバランスの良いバルベーラ。SCARPAの技術、クオリティを手頃な値段で感じられる、コストパフォーマンスのとても高いワイン。

Barbaresco DOCG Tettineive
バルバレスコ

このSCARPAのバルバレスコを飲まずして、バルバレスコを語るべきではない。そう思える極上のワイン。フレンチ・オークの大樽で24カ月熟成後、最低12カ月以上の瓶熟成。現地で人気高く在庫数限りあり。

Barolo DOCG Tettimorra
バローロ

バローロのテロワールとSCARPAの伝統・技術が織りなす絶妙のハーモニーを感じる至福の味わい。スラヴォニア・オークの大樽で36か月間熟成後、最低12カ月以上の瓶熟成。人気高く在庫数限りあり。